浮世絵で見る銀座・日本橋

第2回 日本橋 江戸ばし

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:三井なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

江戸っ子の大好物

蔵三さん、ずいぶん久しぶりじゃないですか。「連載って宣言しながら1回でおしまいかよ」って読者の皆様からクレームが殺到してたんですよ。

うるさいなぁ。悪かったよ。こちとら持病の糖尿病が悪化するわ、前立腺が悪くなって入院するわ、五十肩で腕は上がらなくなるわって、病気のアパートじゃなくてデパート状態だったんだよ。

みんな運動不足とかお酒の飲み過ぎとか、甘いものの食べ過ぎとか、蔵三さんの不摂生のせいでしょ。

あ〜そうだそうだ。みんな自分のせいだよ。でもなぁ、酒も飲まず甘いものも食べずに人生に何の楽しみがあるんだ? こないだも新富町の「青葉」に行ってうな重を食ってきたよ。酒も美味かったなぁ〜。

うな重って…。確かに美味しいかもしれませんけど、そんな堕落した生活を送りながら連載を休んでたなんて、どうやって読者に弁解するんですか?

弁解なんてしませんよ。これから江戸前の話をしようっていうんだ。だいたいウナギなんてのは、江戸城の拡張工事でたくさん湿地帯ができたから、そこにウジャウジャ住み着くようになって、江戸前期にはバカみたいに獲れたんだ。脂が多くて精がつくってことで、ウナギの焼いたのは、当時の肉体労働者が食べるジャンクフードだったんだ。

その頃も今みたいな調理法だったの?


今の蒲焼きスタイルは将軍吉宗の頃から。当初はぶつ切りにして焼いただけ。これが蒲の穂に似てるから蒲穂焼き、長じて蒲焼きになった。ウナギはそばや天ぷらと同じ屋台料理で、値段も似たようなもんだった。

それが今じゃ数千円かぁ。ワタシはそんなにウナギ好きじゃないからいいけど…。

べらんめぇ! ウナギが高いっていうんなら江戸前のアナゴで我慢しな、お嬢ちゃん。

あはは。いつの間にか江戸っ子口調になってる。ところで、以前から疑問だったんですけど、江戸前ってどういう意味?

寿司屋なんかで使われる「江戸前」という言い方は狭義では江戸城の前、具体的には佃島周辺のことで、広義では品川沖から葛西沖あたりまでの漁場のこと。亨保年間、ここで採れた魚介を「江戸前」と言うようになった。今と違って当時は海洋汚染なんてなかったから、魚は取り放題だ。

江戸前の魚ってどんなの?



アナゴ、マコガレイ、スズキ、サバ、キス、コハダ、ハゼ、シャコ、ノリ、アサリ、ミル貝、鳥貝といったところかな。代々将軍家に献上されたことで有名な佃島の白魚は、摂州佃村(現大阪市淀川区)から徳川家康が漁師を呼んで漁業権を与えたことに由来する。

あっ、じゃあ、佃っていう地名はそこからきたの?


その通り。当時は上方の方が漁法が発達していたからね。白魚は透けて見える脳髄が葵の御紋に似ているし、家康の好物でもあった。だから代々将軍家への献上品になったわけ。

でも白魚って、活きてるのを生で食べるじゃない? あれって気持ち悪くない?

それは白魚(しらうお)じゃなくて素魚(しろうお)だよ。ハゼ科の魚だ。死ぬと極端に味が落ちるから、ポン酢に入れて「おどり食い」を楽しむわけ。もっとも、あれは食べた瞬間、口の中でも元気に踊っているから、確かに気持ち悪いと思う人もいるだろうね。

そうかぁ、あれじゃなくて、お寿司屋さんで軍艦巻きになって出てくるのが白魚よね。

そう。当初は幕府から正式な漁業権を得ていた佃の漁師たちが江戸前の魚介を江戸城に納めていた。そのうちに江戸の御府内も拡張して人口も増えていったから、供給量を満たすために江戸の漁業人口も増える。そうすると幕府に納めた残りの魚は一般庶民に売ってもいいよ、ということになって、昔から漁師の青空市場だった日本橋界隈の魚河岸が拡大して、漁をしない販売専門の業者も出始めた。

それが日本橋魚市場の始まりってことかぁ。


ちなみに江戸に招かれた摂州佃村の名主・森孫右衛門の長男、森九右衛門が慶長年間に日本橋本小田原町に売り場を開設したというのが、記録に残っている最初の日本橋魚市場なんだ。

その魚市場がどうして今は築地にあるの? その築地も豊洲に移転するけど…。

大正12年の関東大震災で日本橋の市場群が壊滅的な打撃を受けたからなんだ。それで臨時の代替地として川からも陸からも交通の便が良かった築地に白羽の矢が立った。旧外国人居留地にあった海軍省所有地を借りて臨時市場を開設、それがそのまま定着して、昭和10年、現在の場所に晴れて築地の東京市中央卸売市場ができたというわけ。

それで今回の浮世絵は何がテーマなの?


広重の「日本橋 江戸ばし」(写真左)ね。テーマと言ったらズバリ、その魚河岸ですよ。

あれ? でも魚河岸らしきものは見当たらないけど…。


実はその通り。対象物を描かずに対象物を連想させるという広重独特のユニークな構図だな。魚河岸はちょうど擬宝珠のついた欄干の柱に隠れて見えない。その代わり、絵の右下をよ〜く見てごらん。

あっ、桶の中に魚が入ってる!



それが江戸っ子の大好物、初鰹ですよ。「初松魚(かつお) 飛ぶや江戸橋日本橋」なんて句があるけど、その通りの風景だ。朝一番の鰹を仕入れた担ぎ売りの兄さんが足早に日本橋を渡る、まさにその瞬間なんだ。

広重ってすごいのね。いま見ても斬新な構図じゃない?


そう。こういった極端なクローズアップや凝りに凝ったトリミングが当時のヨーロッパ人を驚かせた。ジャポニズムブームは単にエキゾチック趣味というわけではなくて、西洋絵画の常識を根底から覆す発想にあったんだよ。

たくさんの舟が行き来してるけど、これってみんな魚河岸に魚を運ぶ舟?

漁船もあれば乗り合いの渡し舟、舟遊びのための屋形船もある。江戸橋の南西側には江戸と房州を行き来する木更津船の発着地があって、木更津河岸と呼ばれていた。魚河岸はその向かいにあったんだ。そして江戸橋の南側には明暦の大火を契機に各地にできた火除地のひとつ、江戸橋広小路があった。

広小路って、上野広小路の広小路?


その通り。要は火事の際に延焼をストップさせるための広場なんだけど、代表的なものに上野広小路や両国広小路、八ツ小路なんかがある。でも多くの広小路はいつの間にか目的を逸脱して江戸を代表する繁華街になっていくんだ。この江戸橋広小路にも床見世と称する小間物屋の仮店舗が立ち並んでにぎやかだったらしい。

あら、どうして本店舗じゃなくて仮店舗なの?


本来は延焼防止の空き地なわけだから、建物があったら意味が無い。だけど商売人から言わせればこれだけ人が集まる場所で商いができないのは勿体無い。だったら、仮設店舗でいつでも撤去できるならいいだろうということで、幕府も渋々許可したわけ。

なるほどねぇ。江戸の庶民ってたくましかったのね。


絵の左奥に描かれている白壁の列は小網町一丁目の末広河岸と同じく小網町二丁目の鎧河岸にあった倉庫群だ。次回はこの倉庫群をテーマに話をしよう。<次回へ続く>


ページトップへ戻る