浮世絵で見る銀座・日本橋

第1回 日本橋雪晴

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:三井なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

家康の巧妙な計算?

こんにちは、大江戸さん。文化部の三井です。今度都内版で「銀座今昔」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「獺祭」の大吟醸じゃないの!蔵元は山口の旭酒造だ。ここの酒は濁り酒も旨いんだ。いやぁ、これはなかなか手に入らないんだよ。ニホンカワウソ(獺) もいなくなっちゃったし。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「浮世絵で見る銀座・日本橋の歴史」っていうテーマです。江戸時代の浮世絵には日本橋界隈の名所がたくさん描かれているから、当時と現在の姿を比較して紹介してみようっていう企画です。

ははぁ。銀座・日本橋の浮世絵ねぇ。まぁ、いろいろあるけど手始めにこれだな。(机の中をガサゴソ探し始める)ああ、あったあった。「日本橋雪晴(写真左)」ね。歌川広重最晩年の傑作「江戸名所百景」で描かれたものだ。時代は幕末だね。

日本橋の雪景色かぁ。でも、もう桜が咲いちゃったから、季節外れって感じ。

今年は春が来るのが早かったからなぁ。冬の間は異常に寒かったし。でも、広重の「江戸百」は季節事に分かれていて、この絵は「冬の部」じゃなくて「春の部」に属しているから、たぶん3月から4月の“名残雪”だろうね。

それじゃあ、ちょうど今頃ってことね。この時代って日本橋から富士山が見えたのね。

絵の中心が日本橋で奥が西河岸の倉庫群と一石橋、その向こうに見えるのが江戸城西の丸、さらに向こうが富士山というわけだ。

でも、これだけ見渡せるっていうことは、ずいぶん高いビルに登って描いたのね。

江戸時代にビルはないだろ。広重はこうした俯瞰の構図が得意だったけど、ほとんどは想像で描いてる。でもね、そもそもこれは徳川家康が意図して造った風景だという説もある。

いくら家康公でも意図して富士山とかを好きな位置に置ける訳ないでしょ。

そういう意味じゃなくてさぁ、旅人の目線を計算したということさ。日本橋川はちょうど日本橋のところで「へ」の字に曲がっているんだ。日本橋川を船で上ると、最初に富士山が見える。次に右に曲がると、正面に江戸城の天守閣が見えるわけ。この絵が描かれた時には天守閣はないけどね。

あら、どうして無いの?



その話はまた後でするとして、初めて江戸に来た人は富士山と江戸城天守閣という大パノラマを目の当たりにして、ははぁ、ここが日本の中心なんだと感激するわけだ。

そうかぁ。今だったらレインボーブリッジとスカイツリーを一緒に見るような感じかな。

まぁ、そんなところかな。この絵ほどじゃないにしても、日本橋の上から江戸城と富士山がいっぺんに見えたのは確かなようだ。

ところで、絵の右下にお店みたいなものがあるけど、あれは何?


魚河岸、つまり魚市場だよ。房総あたりで獲れた魚がここに運ばれてくる。河岸が舟で賑わってるだろ。この舟は押送舟(おしょくりせん)と言って、八丁櫓という長い櫓で漕ぐ高速船で、今で言う直送便だな。この時代は冷蔵技術がないから、鮮度を保つにはスピードが命というわけだ。

あれっ? 日本橋に魚市場? 築地じゃないんだ。


築地に魚市場が移ったのは関東大震災以降だ。江戸で魚河岸と言えば300年以上の間日本橋だったんだ。

ふ〜ん。でも、今の日本橋は全然魚の臭いがしないわねぇ。お金の匂いはするけど。

あははは。なかなかうまいことを言うね。昔は川の匂いもしたけど今はだいぶきれいになった。魚河岸のあった室町一丁目の辺りに「日本橋魚河岸記念碑」というのがあって竜宮城の乙姫様の像が立っている。

あら、どうして乙姫様なの?



全国から竜宮城の住人である魚たちが集まってくるだろ。それでかつては「日本橋 竜宮城の 港なり」なんて粋な川柳が詠まれた。

あはは。だから乙姫様なんだ。でも、どうして日本橋に魚河岸ができたのかな?

その話をするには、日本橋より先に佃島の由来から話さないとね。それはちょっと長くなるから、この酒を飲んでからだな。えへへへ。<次回へ続く>

ページトップへ戻る